競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。お金の大切さや今後の生き方も併せて伝えられたらと思います。

保険も投資も学校じゃ教えてくれない〜保険も投資もきちんと考えて行おう〜

おはようございます。しほみんです。

 

最近、記事とか見ていると

・保険は特に不要なんだ。解約して投資に回そう。

・投資は大事なのに、なんで学校で教えてくれないんだ。

 

みたいに、保険は解約すべきで、その余ったお金を投資に回そうって話している人が多いなって印象です。

 

私からしたらちゃんちゃらおかしい話で、保険だってそもそも学校で教えてないじゃないですか。結局保険だって自分の意志で入っていると思うのですが....

 

ということで、なんでこんなふうに保険も投資も学校じゃ教えていないのに、投資だけは教えてもらってなくておかしいっていう話があるのはおかしいなって話をします。

 

今日の見出しです。

1. 投資は絶対正義で、保険は絶対悪みたいな風潮があるが、受け入れられない。

2. 投資も保険も必要を見極めてやる。

 

1. 投資は絶対正義で、保険は絶対悪みたいな風潮があるが、受け入れられない。

最近の記事を見て真っ先に感じ取れるのはこれです。

「投資は絶対に正しいことで、保険に入って無駄なお金を払っているのは悪いことだ。なんで、投資を学校で教えない。」

 

ということです。投資を正義として、これを学校で教えないのはおかしいとか言っているわけです。これはやっぱおかしくて、保険も学校で教えていないよな...って思うわけです。

 

むしろ、なんで保険には入っていたんだろうなって思います。これはまあ保険会社がとても優秀な営業をしていて、きっとホイホイ乗ってしまったんだと思います。それをだまされたと誤解して、こう頭ごなしに否定している感じに見えます。

 

学校では正しいことのみを教えるべきみたいな思想も併せ持ってこれが生まれているのがより最悪で、保険を絶対悪にして保険を教える必要はないけど、投資は必要って言っているのです。この主張は到底受け入れられないです。物事には絶対よいとか絶対悪いとかなくて必ず両面性があります。

 

その両面性を理解したうえで発信をした方がいいのではないかと思います。学校ですべきだとしたら、投資も保険も教えて判断を各自に任せるってことでしょう。それができないなら先進国(笑)です。

 

 

2. 投資も保険も必要を見極めてやる。

保険だってすべて不要だとは思いません。だってなる確率が低くてもなってしまったら困る可能性だってあるわけです(例えば、健康保険適応外の先進医療とか)。

 

私は保険で補償されるようなことが起こったらまあ死ぬかぐらいにしか思っていないので、保険に入っていないだけで、きちんと条件とかを見れば、必要な保険もあるのかもしれません(私は面倒なので調べないですが)。

 

同様に投資も絶対必要なわけではないです。実家が太ければ投資しなくても毎年お金が手に入るから要らないとか生活全額使ってこそ人生にスリルがあるんだから投資なんていらんっていう考えとかあるわけです。

 

要するに、必要か不要かは人によるわけです。保険も投資も両面性があるのでそれを理解して必要か判断しましょう。

 

 

最後に...

私も入社時に保険に勧誘されましたが、そもそも入院しなくね?って思ったことと投資するお金が惜しいと思って、加入を断っています。きちんと頭で考えたら保険と投資がどのように必要が判断できるはずです。物事の両面性を理解して、行動していきましょう。ではでは。

 

資産形成をするために社会人になった~お金を気にせず自分のしたいことをしたい~

おはようございます。しほみんです。

 

おとといはもしもの話をしました。

www.yuriyurusukejasmine.work

 

この記事でも話しているのですが、さっさと働いて資産形成したほうがいいよなあと思っています。

 

まあ、一発でウェブで稼げるなら話は別ですが、多くの人は難しいと思います。

 

自分は働く意味って結局資産を形成することだと思っています。そもそもお金を稼ぐことと自己研磨、社会貢献はあまりつながりの大きいものではないですしね。

 

修士のときにそれを感じ、就職したので、なんで社会人で資産形成はいいかお話します。

 

今日の見出しです。

1. 自分のやりたいことをするにはどうしても資産が必要だった

2. 資産形成をするためには安定して稼げる社会人が有利

 

1. 自分のやりたいことをするにはどうしても資産が必要だった

大学院生のときは、自分で生計立てながら研究していたわけですが、正直親との断絶もあり、生活はかつかつでした。しかも、バイトは結局時間の切り売りだったので、研究活動する時間も圧迫してとても苦しい環境でした。

 

そんな経験から以下のことを得ています。

・自分がやりたいことがお金にならない場合(研究活動とか)、お金はどっかから調達しないとならない。

・調達するにもバイトなどの労働収入はきつい。パトロンなどいれば別だが、いないなら勝手にお金が生まれる仕組みで調達するしかない。

 

結局、お金のことを考えずに自分がやりたいことをしたいならどうしても資産形成が必要だと気が付きました。

 

資産形成のみが、これを実現できます。資産をもって、毎年生活できる額を持てば十分にかなうことなので。

 

反論として、研究活動をするならパトロンや奨学金でいいじゃないかというのもありますが、それを受けるためにもそういう支援者にいい顔をしないとならず、それも生活握られているので嫌です。

 

 

2. 資産形成をするためには安定して稼げる社会人が有利

では、その資産形成をしていくにはどうしたらいいのかなと思ったとき、やはり会社員という働き方に注目しました。

 

会社員のメリットは何といっても

 

毎月給料が安定している。年収もほぼ決まっている。

 

ことです。

 

資産形成では、毎月確実にお金が入っている方がリスク自体は抑えられますし、計画も立てやすいです。これは会社員という働き方と相性がとても良いのです。ただし、時間がかかるのが難点です。

 

その時間の問題をクリアするには、起業したり、個人で稼ぐなどすることも考えられました。しかし、自分の性格やその収入の不安定さから計画を立てづらいことを考えるとリスクが大きすぎて自分のしたいことができなくなる本末転倒なことになりかねないのでやめています。

 

でもよくよく考えたら、その時間の問題は特に問題になりません。自分のしたいことで特に20代である必要はないのだからです。30代でも40代でもなんとかできることですし、だったら確実に稼げる今のうちに稼ぐ方が得策だと思っています(45歳リストラの懸念、倒産リスク)。

 

ただ、死んだらおしまいなので、死亡リスクがあります。そこははっきり言って受け入れています。だって確率的にあんまりないのですから...

 

その後悔を防ぐために、ちょっと年収安くてもこの仕事ならいいかなって感じで選んだぐらいですかね。

 

最後に...

人に働く理由なんていろいろあると思います。ですが、自分はやっぱり資産を作るために働いているんだったなあと改めて思ったので、書きました。資産を作れない状態なら労働なんてきついだけなんで、今後も資産形成は頑張りたいです。ではでは。