競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。お金の大切さや今後の生き方も併せて伝えられたらと思います。

英語は自己投資か否か?

おはようございます。しほみんです。

 

自己投資って家計の中で結構気をつけなきゃならないことで、自己投資とか言ってたらあっという間にお金なくなります。

 

また、将来使わない自己投資なんて浪費に過ぎません。

 

そうすると自己投資する項目は精査が必要です。

 

今日は英語は自己投資としてどうなのか?って考えてみようと思います。

 

結論から言えば、

・TOEICといった資格のための自己投資は微妙

・自分が英語を使って取り入れたいことがあるならよい

です。

 

・TOEICといった資格のための自己投資は微妙

英語の資格を取るために勉強をするのはおすすめではないです。というのもTOEICなんか顕著ですが、英語の資格を取るビジネス化していて、容赦なくお金を搾り取ってくる傾向があるからです。

 

グローバリズムをあおって、英語の必要性を説いて、勉強させる。そしてTOEICは有用とかいって何回も受けさせたり、参考書を買わせる...

 

まあよくできています。だから、将来英語を使えるようになりたいとか漠然とした目的でお金かけて資格試験とるだけじゃマジで意味ないです。

 

(微妙としたのは、英検はまだステップアップのための勉強になる確率が高いからです。まったく英語ができない人にとってはTOEICも足がかりにはなります。ただ、受験料と、参考書2冊、以上のお金は不要です。)

 

・自分が英語を使って取り入れたいことがあるならよい

結局、こっちの方が大切です。

英語を使って、海外ニュースの情報が欲しい、海外文学や映画をわかるようになりたいなどあったら、それに関してお金を使うのは立派な自己投資ですし、そのために基礎的な勉強をするのもよいでしょう。

 

こういう目的があるから資格試験を利用して上達するのは悪くないと思います。ただ、資格では結構あおりがちなところがあるので、目的を達成したらスパッと手を引いて自分がやりたいことに移行しましょう。

 

最後に....

ビジネスという名の下でちょっと搾取しがちな英語について話しました。TOEICほど露骨だといろいろ思うことがありますね。

 

基本は英語を使いたいために勉強して、実力試験で使う程度でいいと思います。資格試験で点数上げるために使うのはあんまりにももったいないですから....

 

ではでは。

家計簿〜紙で記録するメリット〜

こんばんは。しほみんです。

 

すっかり朝更新するの忘れてました。今日は夜にひっそりと公開します。

 

最近家計簿アプリとか出てきてなんか便利そうですよね。私も見ててとても便利だなあと感じます。

 

ただ結局使ってないです。自分で確立した手法があるからです。

 

今日はそんな話をします。(昔話したかもしれない)

 

管理は2つやってます。

1.紙の家計簿で金額つけて管理。

2. 紙の家計簿をもとにエクセルで管理。

 

2はまあ結局家計簿アプリみたいなのを自分でカスタマイズできるだけなので今日は話さないです。

 

1のほうについていくつかメリットを話したいなあと思います。デメリットはめんどくさいですが、めんどくさいから逆にためになるのです。

 

メリットは、

・何に使ったかをちゃんと振り返られる。

・計算するので、数字感覚に強くなる。

・クレカなども記録することで、使い過ぎを防げる。

です。

 

ちなみに私の家計簿はこんな感じになってます。

 

 

項目ごとに数字で費用分けを管理して使った費用を記録しておき、クレカ会社ごとに記録しておきます。

 

 

・何に使ったかをちゃんと振り返られる。

これは結構大きいです。きちんと記録するということで、何に使ったかを思い出さざるを得ないので、思った以上にいくら使ったかという感覚をつかんでおけます。結果的に数値的な管理ができるようになります。

・計算するので、数字感覚に強くなる。

電卓使った方が正確ですが、4-5桁の計算ぐらい常にできるようにしておいた方が、数字を気にするのでいいと思います。地味にボケ防止にも役に立つと思います。消費税などの計算も考えるようになります。

・クレカなども記録することで、使い過ぎを防げる。

クレカごとに記録すると明細確認しなくてもいくら使ったか確認できるので、あと予算的にいくら使えるか把握できます。

 

 

最後に...

とまあ、アプリにはない、書くことを重視することによって金銭感覚を研ぎ澄ませることができます。

 

お金の重要度合いは人それぞれですが、ぶっちゃけ重要度高いんだからきちんと紙をつかって頑張って記録するぐらいはやった方がよいです。これができないからダメとは思いませんが、1か月でやってみると価値観が変わると思います。

 

ちょっと厳しいですが、それぐらいやってみないでお金持ちなりたいとか甘いです。ちゃんとお金と向き合ってから節約を検討しましょう。

 

ではでは。