競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。火木土日に更新予定です。お金について考えています。

残業規制が入りました~収入打撃は絶対に大きいよな....~

おはようございます。しほみんです。

 

先週は競技プログラミング参加してないし、問題はみたのですが解いてもないので、普通に思うことでも話します。

 

資産整理とかもいろいろした方がよいですね...来月は日本株、米国株も話していきたいですね。

 

まあ、その前にもうちょっと今後の個人の変化と社会の懸念は話したいです。

今日は残業についてです。

 

ついに当社も残業規制が入り、上限10時間になり、できるだけしないでくれってなりました。本当に従業員の事情とか考えないでこういう規制するなあと思います。

 

残業いっぱいして稼いでいる人からしたら普通に困るでしょう。だって収入が減るわけですから。ここで効率よく働いたりしたら、効率性が上がっているのに給料は減るっていうくそみたいなことになります。

 

私は残業をあまりしませんが、それでもさらに減らせっていうから困ったものです。経営者側からしたらコストカットでうれしいかもしれませんが。

 

せめて、残業規制しますけど、手当ては出します。効率的に働いた方がトータルお得になりますぐらいの意地は見せてほしいですよね。いい企業を名乗るなら。

 

最後に....

日本の経営者は日本の世界的に異常なデフレ経済に慣れてしまいました。

だから、いいものを作っても売れず、設備投資もやめて、コストカットでしか企業を残せないことを知っています。だから、上記のようなことをして、意地を見せるところもなく、存続させるだけです。

 

それを防ぐには残業規制を打ち破れとか節約しろとかそうじゃないです。根本的に政府にインフレ経済にしてもらって、経済成長させるように圧力をかけるしかないです。(この社会でしかプラスサムゲームにはならない)

 

節約は一時の我慢で、根本的にここを目指すべきです。

 

ではでは。

節約したいなら家事スキルをあげるべし

おはようございます。しほみんです。

 

節約ってまあ言葉の響きとしていいかもしれません。ただ、経済成長とか考える上では害的な考えになります。

 

とはいえ、お金が稼げないうちは節約はどうしても避けられないことで、やらなきゃならないわけです。

 

そこで節約をしたいなら家事スキルを上げることを薦めます。

 

自分が実家にいたときは家事はみんなでやるものだったので、分担で週2-3(状況では毎日)程家事をやる日がありました(結局、大学卒業までやってたのかな)。なので家事スキルは基本ある前提で話します(面倒でやらないことも多いけど。というかいろんな人と話してて家事をそこまでやることがないこと聞いてびっくりした)。

 

家事スキルってそもそも専業主婦がやるものとか、全部家電でいいじゃんとか、金になんねーじゃんとか言われますがそんなことはないです。

 

家事っていいんですよ

・やることで成果は出てくる。

・時間がある程度かかるのでお金は使わない。

・そもそも自分でできることが増えるので、家電に任せようなどの発想がない。

・気晴らしに十分役に立つ。

 

こう考えていくと家事は個人レベルできちんとできると、お金に頼らない自己解決が可能になるので、節約につながります。

 

だから、若くて実家にいるうちに家事スキルを身に着けておくと、独り立ちしたときにあんまり困らないし、みんなフツーにお金かかるよねーって思っていることは意外とお金使わず済みます(外食全く要らないとかね)。

 

 

最後に....

まあ、家事についてはできなくてもよいとかあると思いますが、お金の節約をするなら持ってるべきです。逆に節約できる人は家事ができるといっても過言ではないのかなあと考えます。

 

もちろん、お金で解決できることはしたほうがいいですし、任せた方が経済成長的にはいいですが、別に無理してお金使わなくてよいのが最大のメリットとなります。

 

おまけ的ですが、家事は今回のコロナみたいなお金が活用できないときの非常事態にも効果を発揮します。

 

節約でも非常事態での対応でも家事スキルは上げてて損ないです。

 

ではでは。