競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。火木土日に更新予定です。お金について考えています。

消費税増税に賛成する理由が怖い~高齢者悪者にしすぎでは~

おはようございます。しほみんです。

 

消費税についてはいろいろ議論されていると思います。

 

私は消費税については減税すべきだと思います。(もちろんゼロでもいいけど5%でもいい)

 

理由は単純で、インフレ経済になってないのにわざわざ消費を抑制するデフレ政策をやってもしょうがないからです。

 

むしろ、安倍政権の失敗は消費税増税を止めることができなかったとまで言い切れそうなレベルですので....(2014年と2019年の経済成長率がほぼゼロだった)

 

でも、実際は消費税を賛成している人たちが結構多いわけです。

その中でもとりわけ怖い理由なのが、社会保障の財源になるから高齢者からもとれる消費税は最高って言っている意見です。インフルエンサーでもそんな意見があって、高齢者になんか悪いようにされたのかと思ってしまいます。

 

 

まあ、今の上の世代がデフレ経済を作り出したのも事実ですが、戦後日本を復興させて高度経済成長もさせて、最強のインフラ環境を整えたのも事実。だから、なんというか高齢者から税金を取るって発想自体あんまり好きじゃないです。

 

高齢者同士で支えあえーっていう話も聞きますが、いやいや今まで働いて納税した人からさらにとるんか?って感じです。

 

そもそも税って国が発行した貨幣の偏りを是正することが役割としてあるわけですから、そんな所得が出しにくい高齢者からとろうって発想自体あんまり賢くないかと。

 

だったら、経済成長させてがっぽり労働者層の所得大きく増やして、税金巻き上げられた方がまだいいと思うのですが。多分その方が税収上がりそうですし、将来自分たちが老人になっても助けてもらえます。

 

だから、やっぱりまずは消費税を下げて、国内消費を回復させて、ガンガン投資させてGDPをあげる。そして、賃金を上げて、がっつり納税させるがいいんではないでしょうか。

 

最後に.....

消費税を世代間格差是正のためにやれっていうのも世代間で対立あおっているだけなんで、消費税増税の中でも高齢者に負担してほしいとか言っているのはなんかやばめだなって思いますね。

 

 

なんか年金子みたいに話してますね。国の回し者ではないです。少なくとも私は自分が老人になったときに若者に恨まれるのだけは嫌なんで、やっぱ消費税は減税で行きます。

 

ではでは。

 

 

会社員だけど会社員の仕事ではない人の末路

おはようございます。しほみんです。

 

たまには仕事の現状でも話します。

 

私は正直今、仕事がなかなかどうしようもなく悩んでいます。

就職してからずっと研究開発職に従事しているわけですが、

なぜか経営効率を考えたうえで、将来の製品設計をしろとか言われていて、

自分でやることさえ自分で決めないとならない状況になっています。

 

ということで、会社員では極めて珍しい状況なので、人とあまり話が合いません。

 

よく投資業界のブログを見たり、いろんな人と会って話していますが、

やっぱなんか任される仕事が多いと厳しいのかなぐらいで、自分とは全然環境が違うなという感じです。

 

そんな感じでやっているせいで、この3年半会社員をしてきましたが、この会社にしかいられないぐらいのポンコツ社員ですねえ。

 

具体的に言うと、

・社会人スキルが全くないので、外部に通用するスキルがない

・別に経営もまじめに勉強しきってないので、経営者のスキルもない

・というかもともとの研究開発職も全うできていないので、同業他社もきつい

 

・使わないいらない資格だけが残る

 

本当に一番なっちゃいけない感じの会社員ですね...はい

 

ということで、会社員で仕事が与えられていれば、まだ会社員とのキャリアが維持できる(やりたいかともかくは別として)のですが、それさえも絶たれていますね。

 

だからかもしれません。転職とかそういうのが遠く見えないものにしか見えないのは。

 

最後に....

んまあ、会社員で仕事がこないというのもまたこれはこれで問題だなあって感じです。

 

これを乗り越えるためには何かを考えないとならないですが、どこか希望を見出さないとなあって感じです。

 

ではでは。