東大卒のお金やりくり奮闘記~株、家計、趣味、経済~

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。既婚男性です。株、家計、趣味、経済の話をメインにゆるゆる話します。

個人的な話~生活を安定させるために~

おはようございます。しほみんです。

 

ちゃんと結婚したので、家計も来月から2人分のことをかんがえています。

ただ、この家計どう扱っていいかわからんのよですね。

 

結局お互いずっと一人で生計を立てていたので、これを合算するのはとにかく面倒なんですよ。

 

だから新しくルールを定めました。

・2人の会計は別

・2人でかかる固定費(家賃、光熱費、食費、日用品)は折半

・毎月いくらか旅行代をためる(今のところは2万円)。投資金額も貯める。

・お小遣い制は設けない

 

多分、これが一番動き的に楽だと思っています。だって、月末にお互い払ってほしい固定費をきちんと清算して分けるだけです。それ以外はお金を自由に使えるわけですから。

 

これでも

月の固定費と貯金合わせて1人8万円なので、割と自由度は高いですね。まああとは投資にどんだけ回すかですね。

 

今月からこんな会計をもとに出していきたいなと思います。

 

 

最後に…

人にとって変わることは大きなストレスです。だからこそできるだけ変わらないでかつお金貯められそうな方法を考えてみました。

 

うまく行かないならまた変えればいい。とりあえず意識して行くのが大切です。

 

ではでは。

頭いい人をあまり過信しないほうがいい

おはようございます。しほみんです。

 

対してお話でもないのですがお知らせです。

生活変化の影響でブログを書く時間が余計減っているので、火木土でブログを更新しようと思います。週三回で十分でしょうし。今の内容だと。

 

本題に入ります。

まあこれも割も普通の話かもしれませんが、あんまり頭のいい人を過信しないほうがいいと思います。

 

日本人の性質なのかどうかわかりませんが、頭のいい人がなんとかしてくれるという思考を持っている人います。こういう人はだいたい他力本願で頭のいい人がなんとかしてくれるっしょって本気で考えているのでしょう。

 

しかし、頭のいい人もキャパがあります。みんなにこう頼られたら、頭のいい人のいくらかは悪巧みを考えてもおかしくないです。さらに頭のいい人は色々思いつくので想像を超えてなにか仕組んできます。

 

だから、頭のいい人に任せるのは極めて危険なのです。最近の政治なんてそうですね。みんなが任せた結果、今みたいな国としてどうしようもない状況になったのです。

 

これを打破するには

自分で考えること

・わからないことはわかるまで肯定しないこと

です。

 

考えないしわからないから頭のいい人は、うまく利用としちゃうのです。インターネットでさえそんな人ばっかなんだから肩書よりその言っていることが論理的かみないとだめです。

 

最後に…

頭いい人って頼りたくなりますが、実際はこんなもんだと思います。

 

やはり頭で考えて結論を出すことを大事にしましょう…

 

まあその私も怪しい人の一人ではあるので困りましたが

 

ではでは。