東大卒メーカー勤務がゆるっとセミリタイアを目指す

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために考えたことや日々思うことをゆるっと書いていくブログです。独身男性です。お金の大切さや今後の生き方について伝えていけたらと思います。

残業について思うこと

こんばんは、しほみんです。

 

最近残業を続けてしまい、体力的に結構しんどいです。正直1日7時間以上寝ているのにクマができるってどんだけ寝ないとダメなんだよって思いながら今日も仕事してました。正直残業してしまうと寝る時間が削られてしまってどうしてもしんどいです。

 

ただこの残業時間、基本少ない方が望ましいと思いますが、実際そうとは限らないと感じます。会社員としてもう2年9か月も働いているといろいろ悟ったところもあるので残業時間に絡めて話せたらなと思います。

 

今日の見出しです。

1. 残業時間は少ない方がいいのか?

2. 働き方改革は名目上のものなんだと実感

3. 結局どうするか?

 

1. 残業時間は少ない方がいいのか?

自分は少なくともそう思います。自分の場合やはり体力がないので残業ない方がいいなって感じます。

 

しかし、残業って貴重なお金を稼げる手段でもあるわけです。社会保障料とか税金は上乗せされるので税金は増えますが、1.25倍の時給になるので稼ぎとしては強くなります。確かに時間の切り売りなので伸びが少ないのはありますが、手っ取り早いです。

 

副業の方がいいとか言われますが、あれって結局できる人の意見なんだなって思います。せどりとか簡単に稼げるといわれていますが、人と関わることが苦手な私にはハードルが高いし、ブログ、youtubeに関してもかなりコツコツやったり工夫しないと稼げるようにならないです。

 

このハードルの高さには成功者はあまり気が付きません。なので残業で頑張るなら頑張るでいいと思います。要は自分に合った方法でお金を稼いでいくべきです。会社がどう思うかはわかりませんが、残業自体はいろんな人の考えがあるべきです。

 

ただし、何も考えない長時間労働とか人に無理強いさせる労働とかはやめるべきだと思います。体を壊すような残業自体は自分のためになりませんし、ひいては会社の利益にもつながらないです。

 

2. 働き方改革は名目上のものなんだと実感

残業といえば、最近はやりになった働き方改革があります。あれは効率的に働いて労働時間を減らしましょうって話です。うちの会社もやっています。自分も最初はいいなあと思っていましたが、今では誰だこんなくそみたいなこと言いやがってって気持ちでいます。

 

はっきり言って、働き方改革して損するのは労働者でしかないからです。

その理由は2つです。

・労働時間が減るので、収入が減る。

・そのくせ、効率的に働いても評価が上がるわけではないので収入が増えない。

 

本来、効率的に働いたらその分付加価値というのが上がっているので、給料は上がるべきです。しかし、そんなことなく評価が据置きで、働く時間がただ減るだけです。そのため、給料は減ったままただ働く時間が減るだけになります。

 

するとどうでしょう、働き方改革によって付加価値は上がっているのに、稼げる額は減るってなります。結局経営側が人件費削減で潤うだけで、労働者は損するだけです。

 

確かに現代は時間をやればやるだけ成果が出る仕事は減りつつあるので、考え方自体は合理的です。しかし、それをうまく利用して労働者から搾り取ろうって魂胆が見えすぎています。せめて、働き改革させるなら基本給は上げるか、上げるように見せるべきでしょう。それもしないってことはやはり働き方改革は名目で、ただ労働者にお金を分配したくないんだなって思います。

 

3. 結局どうするか?

ぶっちゃけ頑張って働いてもそうでなくても会社員である限り、給料を決めるのは時間です。その時間を減らそうとしてくる働き方改革はちょっと厳しいと思う人も多いでしょう。しかし、世の中がどうなろうと自分は好きなように働けばいいと思います(将来出世したいとか会社に良く思われたい場合は除きます)。

 

ただ、労働の目的はお金を稼ぐことだと思うので、収入を最大化させてかつお金を貯めることに焦点を当てるべきです。そのためには以下の2つのどちらかがいいと思います。

・上限いっぱいまで残業する。そのうえで、お金は使わない生活をする。

・定時で最低限の収入を確保しつつ、副業に励んで収入を増やす。そのうえで、生活水準を下げる。

 

そもそも給料が高いなら前者がいいでしょう。副業はなんだかんだ考える要素が大きく、難しいです。前者の場合、残業のストレスでお金を使うのには注意ですが、そこで働いてただ寝るみたいな生活をするとすごくお金はたまると思います。後者はいろんなことに挑戦したいとか、長期的にお金を増やしていくストック型をやりたい人におすすめです。ただ、こっちは時間にゆとりがある分お金を使いがちなので、地道に自分を律していった方がいいと思います。私は後者を選んで今頑張っています。

 

 

 

残業自体は悪いものではありません。本当に労働が好きな人にとって残業は天国でしょう。しかし、残業があることで苦しい人たちもいるのですからそれぞれがきちんと領域を分け合ってやっていけばいいと思います。残業こそ多様性をもってやっていくべきなんじゃないかなと感じています。

 

無理はしないで体調管理をして仕事はしていきましょう。ではでは。