競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。お金の大切さや今後の生き方も併せて伝えられたらと思います。

在宅勤務が始まりました

おはようございます。しほみんです。

 

新型コロナの影響は徐々に広まっていき、ついに我々の地域も在宅勤務が推奨されるようになりました。それに伴い、自分も在宅勤務が開始しました。

 

とはいえ、急に決まったことなので、あまり何もかも整備されないまま始まっています。一応パソコンはありますが、いろいろできることが少ないのが現状です。

 

 

ただ、1日やってみてよかったことと悪かったことが早速あるのでまとめてみます。

 

1.よかったこと

・通勤時間が無くなる

これは予想以上に大きいです。片道40分だったため、1時間20分浮きます。さらに休憩時間も自由なのでその1時間も省けば、朝8時からやって、16時には終わらせられます。

 

結構自由が利きますね。

 

・誰にも見られていないので集中できる

これは地味に大きいです。というのも会社にいると誰かに見られているのでなんか集中できずにばらばらしていたので....

 

まあ、よかったことは2つぐらいですかね。

 

 

2.悪いこと

・日報を書くので万が一何にも成果がないときつい

結局、時間で管理されなくなるのですべては成果次第ってことになります。つまり、成果が何か知らなければ仕事をしていないとも言われても文句言えないですよねって思います。

 

・固定費が増える

一日中いるので、家の光熱費が増えます。なんなら、wifiも使用量が増えて、速度制限とかあったら自分用には使えなくなる可能性もあるので....。

 

ま一応ここら辺は実は業務で必要な消費のため、会社負担らしいのですが、急すぎて制度が整ってないですね。一律5000円とかなんかもらえたらうれしいですけど。

 

・食事を用意する手間が増える

昼ご飯は会社の食堂で食べていたので、昼飯を何かしら用意しないとなりません。ただ、作るなりしないとならず意外と時間を食います。そうするとご飯作るだけで休憩時間終わりますよね...これ地味に厳しいと感じます。

 

・社会からの孤立を感じる

というか仕事完全に一人でやっているせいもあってもう社会からはじかれていますね。上司からレスポンスもないので実は自分が会社にいなくても問題ないんじゃないかって思えてきました...悲しいです....

 

まあこんな感じです。

 

最後に...

ただ思うのはメリットデメリットから影響を受けてもう戻れなくなる。在宅勤務は社会も変えますし、自分も変える気がします。

 

在宅勤務がいいとか悪いとかじゃなく、今後は在宅勤務がある程度前提の世の中になる気がします。

 

社会はこうやって変わるんですね…もっと考えないとなあと思います。

 

ではでは。