競プロをしながら、節約と株式投資でセミリタイアを目指す東大卒のブログ

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。独身男性です。火木土日に更新予定です。お金について考えています。

米国株投資のセクター比率について

おはようございます。しほみんです。

 

米国株の追加投資の話しました。

www.yuriyurusukejasmine.work

 

では、実際この投資比でセクター比率ってどうなんだろうって感じなので、やりました。

 

計算方法は、

1.各銘柄のセクター構成比を求める。

2.そこからセクター比率×株数×価格でそれぞれの、セクターの金額を求める。

3.総和して、セクターごとで割合を出すです。

 

ちなみに

VIGは、消費サービス、一般消費財、資本財、ヘルスケアが多いです。

SPYDは、不動産、金融が多いです。

HDVは、ヘルスケア、通信、エネルギーが多いです。

QQQは、テクノロジー、コミュニケーションが多いです。

 

現在、

VIG 47株

SPYD 140株

HDV 2株

QQQ 1株

ドル 226.17$

で計算しました。

日にちは2020.11.27時点の時価を使っています。

 

 

結果がこれになります。

 

f:id:yuriyurusuke:20201127193536p:plain

 

 

VIGとSPYDに寄っているので、消費サービス、金融、資本財、ヘルスケアがかなり多めです。思ったより、テクノロジー分野も多い感じです。

こうなると、HDVでもう少し、エネルギー、通信、QQQでテクノロジーをやはり追加してバランスするのがいいのかなと思います。

 

まあもっとも、VIG、SPYDがコアなので、悩みどころですが、来年はQQQとHDVも併せて追加していきたいですね。

 

なんとなく

VIG 3株、SPYD 10株、HDV 1株を毎月積み立てて、QQQは2か月に1回1株買う形になるかなあと思っています。

 

最後に....

こうしてみるとなんかセクター意外と偏ってないなって思います。米国株式全体に投資するVOOとはまた違った楽しみがありそうなので、今後もこんな感じで続けたいですね。

 

ではでは。