東大卒のお金やりくり奮闘記~株、家計、趣味、経済~

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。既婚男性です。株、家計、趣味、経済の話をメインにゆるゆる話します。

国家公務員の給料は下げなくてもいいんだが....

おはようございます。しほみんです。

 

国家公務員の給料が微妙に下がったニュースがありましたね。

国家公務員の給料は、基本的に世間の給料に合わせて決まっているので、これが下がるってことは給料下がっているんですよね....

 

まあ、実際公務員の給料って割と自由に決められちゃうんですよね。なぜなら、収入に対する限界がないとも見えるから。

 

税金から出資しているとか何とかありますが、そうとも言えるのかもしれません。

しかし、カネなんて区別付かないんですから、別の見方もできるはずです。

 

それが、国債発行による収入によって賄っているということです。

 

政府の収入は基本的に、国債を発行して誰かからお金をもらうしかできないのです。ただ、政府は日本銀行という貨幣発行マシーンを取り込んでいるので、法律的には面倒な手続きを踏みますが、国債を日本銀行に買わせることで、収入なんていくらでも増やせちゃうといえば増やせちゃいます。

 

ちなみに、税金は集めた結果、国債の回収と国債の利払いに充てている感じでしょうか。税金はなくても国債だけでどうにかなるのが現実です。(というと税金不要論が出ますが、いろいろな観点からあるべきものだと思います。これはおいおい。)

 

とまあ、ここまでくれば、費用として計上される公務員の給料は収入がある限りどうにもだせます。ここに税金が絡む余地もないです。

 

 

最後に...

公務員の給料について突っ込んでいる人がいたので、ちょっと考えてみましたが、下げる必要は特にないですね。

 

ただ、そもそも公務員の給料自体決める指標がない(収入制限がない)ので、現実問題、他と合わせざるを得ないというのが正しいところではないでしょうか。

 

だから、国家公務員の給料とか触れてもしょうがないと思います。

 

ではでは。