東大卒のお金やりくり奮闘記~株、家計、趣味、経済~

東大卒でメーカー勤務の私がセミリタイアするために投資や競プロを頑張っていこうという趣旨で始めたブログです。既婚男性です。株、家計、趣味、経済の話をメインにゆるゆる話します。

結局泥臭くやるしかないんだよな

おはようございます。しほみんです。

 

世の中なんかうまくやればどーにかなるとよく考えがちなのですが(これは高学歴に陥りがちですが)、結局そんなウルトラCはないんですよ。所詮自分が考えたことなんていくつか穴があって、それはそのあと個別で埋めていくしかないんですよね。

 

この考えは割と重要で、自分の中で判断できないリスクがあるというのを知ることができます。

 

この未知のリスクが示すものは、

・予想より時間がかかる

・予想より成果が出ない

ということです。

 

例えば、政策もそうです。

新型コロナウイルスの対策もそもそもリスクの推定が甘すぎるのです。コロナと人の制御なんて思い通り行くわけ無いです。

 

それ考えたら多分言うこと聞かないぞは置いといて(今の政策は筋が悪すぎますが)、金配りのような誰かの生活を下支えするような政策は有効性が高そうですが、それでもなんか悪いことはあるだろうがなんだかは起こらないとわからんことはあるわけです。

 

だったら、自分たちが考えた中で、想定可能なリスクはきちんと潰して、そこからやってヤバそうなことをみて、泥臭く判断するしかないと思うのです。

 

実験犠牲と思われますが、結局未知のリスクに怯えて何もしないのがやばいと思います。

 

最後に…

結局何が言いたいかというと、

やること何でも万能なのはなく、随時判断が必要なのでとりあえずやってから泥臭くリスク潰していけ。

ってことです。

 

今回は政策でしたが、これ投資でも仕事でもなんで当てはまりますよ。

 

ではでは。